スポンサーリンク

老郷 - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

平塚の謎のラーメン

↑これが老郷のタンメンだ。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)本日(1月14日)、平塚市民のソウルフード「湯麵(タンメン)」が全国放送で紹介されました!ご覧になりましたか?「老郷 本店」■秘密のケンミンSHOWで紹介されました■「秘密のケンミンSHOW 極」(日本テレビ系)の2021年新年初回放送の一番初めに「神奈川ラーメン御三家の謎」が入りました。この「神奈川ラーメン御三家」として紹介されたのが以下。 2番目に地元平塚市のソ...

老郷本店

↑久しぶりのご対面!(EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)地元平塚に帰ってきてまずはカミさんの手料理。 その次に食べたかったもの食べてきました。「老郷本店」  (らおしゃん)■平塚市のソウルフード■平塚市以外では見かけない「たんめん」という麺料理を知っていますか?酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中に冷麦のようなコシのないユルユルの白い麺、どっさりわかめと、刻み生タマネギがトッピングされ「たんめん」は平塚市以外...

19.7月第2週末★

↑久しぶりに地元平塚のソウルフード「老郷」を食べる。(EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)平塚の七夕が終わって神奈川県南部も本格的な夏が到来! 、となるはずなのですが、今年はちょっとオカシイ。。。なぜかとっても涼しいです。 気温は低いですが海の日がらみの三連休で海開き夏のイベントが盛りだくさんです。 皆様、良い連休を。7/13(土) 湘南ひらつかビーチパーク (平塚市 湘南ひらつかビーチパーク)7/13(土) ミュージ...

老郷本店へ連れて行く

↑このビジュアルすばらしい。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)最近はメディアで紹介されることが増えて認知度は上がったと思うのですが、そのあっさりしたビジュアルからか?なかなか話題にならない残念な状態。でも、食べると美味しいんです!ホントですヨ!「冷麦みたいなユルユルの麺がすっぱ甘い透明なスープの中に入っていて、生のワカメと刻み玉ねぎがどっさりトッピングされている平塚限定(厚木に一店舗)の温かい麺料理」と説...

次女とらおしゃん

↑たんめん550円 (EOS_5DMark3+EF35mmF2_IS)今日は平塚市の中心街商店街で行われた市民市(フリーマーケット)に参加していました。とっても寒かったのでお昼は「何か温かいものを」と、ここへ行ってきました。「老郷(らおしゃん)本店」1957年(昭和32年)創業のこのお店、酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中にひやむぎのような白い麺、どっさりわかめと、刻み生タマネギがトッピングされた「たんめん」という平塚市以外...

老郷味噌

-残念ながら閉店しました。 老郷は本店のみとなりました。(2020年記)-↑餃子がまたうまいのヨ。 7個で500円(EOS_M+EF-M22㎜F2_STM)平塚のソウルフード「たんめん」よくあるそれとは違って平塚のたんめんは酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中にひやむぎのような白い麺、刻み生タマネギがトッピング(+わかめ)されたものを言います。このタンメンを出す店舗が大きく2系統(老郷・花水ラオシャン)合計6店舗(+厚木に1店...

ラー油入れてね

↑半分食べてラー油を投入です。(EOS_M+EF-M22㎜F2_STM)久しぶり(とっても2週間ぶりですが)にアレを食べたくなったので行ってきました。「老郷 本店」酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中にひやむぎのような白い麺、これにどっさりわかめと刻み生タマネギがトッピングされた「タンメン」という名のラーメン、ビジュアル的にももちろん味も平塚以外では見かけないご当地麺料理です。誕生は約58年前の1957年(昭和32年)、現...

老郷・食し方(推奨)

昨今話題のご当地グルメが平塚市にもあります。集客や町おこしを目的に作られた新しいものではなく、昔から一部の地元民が愛し食べていたそれは、万人受けしない、めちゃクセのある麺料理。。。誕生したのは今から約57年前の1957年(昭和32年)、一時期は他市にも展開していたようですが、現在は平塚市(厚木に1店舗有)に来なければ、けして食べることのできない超レアフードです。その名は「タンメン」  あの「お前に食わせる...

ニュー老郷本店

↑オープン前に新聞折り込みチラシが!スゴイ力の入れようだ。(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)店舗建て替えのため昨年(2013年)7月から休店していた平塚のソウルフードのお店が先日(3月28日)、新装開店しました。当初は2月開店といっていたので、約1ヶ月遅れのオープンです。「老郷(らおしゃん)本店」当時の個性的でソウルフルな店内の面影は微塵もなくさびしい限りですが、時代の流れですからしょうがない。店舗は超綺麗にな...

コンベヤの謎

-残念ながら閉店しました。 老郷は本店のみとなりました。(2020年記)-↑これが平塚ソウルフード タンメンだ。 550円(EOS_M+EF-M22㎜F2_STM)透明なスープの中にどっさり入ったワカメと生の刻み玉ねぎ、そして真っ白な麺!酸っぱくて、甘い、なんとも不思議な「老郷本店」のタンメンは、50年以上前から食べられている平塚市民のソウルフードです。この不思議な一品を食べられる「老郷本店」は、2月の新装オープンに向けただい...

老郷 宝町店

-残念ながら閉店しました。 老郷は本店のみとなりました。(2020年記)-↑今日も元気に営業中!(EOS_M+EF-M22㎜F2_STM)↑見た目と違ってな深い味がクセになる(?)はず 老郷タンメン550円(EOS_M+EF-M22㎜F2_STM)透明で酸っぱいスープに冷麦のような麺が入った平塚市民のソウルフード「タンメン」この不思議なご当地麺を提供する「老郷本店」は店舗移転のため来年(2014年2月)まで休業しているのですが、その味はJR平塚駅北口...

老郷本店・長期休店

↑店舗の廃れ具合も味の一つだったので、ちょっと残念です(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)昭和32年創業、平塚市のソウルラーメンの老郷(らおしゃん)の本店がビル改装の関係で来年2月まで休店するそうです。「老郷本店」酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中にひやむぎのような白い麺、たっぷりのわかめと生タマネギがトッピングされた「タンメン」という名の不思議なラーメン、現在平塚にはこのタンメンを出す店舗が2系統合計...

ラオシャン秘伝の

↑このラー油が最高なんです。 (GR DIGITAL II) このBLOGで何度となく紹介している平塚市民のソウルフード、ラオシャンラーメン。漢字の老郷、花水ラオシャンと二系統ありますが、どちらも備え付けの自家製ラー油を入れて食べるのが定番。コレ入れるとパンチが効いて劇的に美味しくなるんですよ。...

平塚たんめん

↑生のタマネギにワカメがどっさり!タンメン 550円 (GR DIGITAL II ) お正月が開けてからめっきり寒くなりました。そんな時にはラーメンでしょ! 平塚でラーメンっていったらやっぱココだよねぇ。「老郷」(らおしゃん)タンメンだけど野菜は入っておりません。(笑)酸味の効いた透明スープの中には隠し味にワインが入っているらしいデス。見た目はシンプルだけど、実は奥が深い平塚のソウルフード、ラオシャンのタンメン。...

やっぱり老郷

↑一度食べたらクセになるって。(笑)向こうのテーブルでは酢を追加投入中です。(GR DIGITAL II ) 久しぶりに平塚駅西口近くにある「老郷(らおしゃん)本店」へ行ってきました。酸っぱくてほのかに甘い透明なスープの中には、たっぷりのわかめと生タマネギ、まるでひやむぎみたいな細さの白い麺。。。お好みでラー油を入れて味を調えたらさぁ、どうぞ。これが平塚のローカル麺、湯麺(タンメン)です。カテゴリー的にはラーメ...

老郷本店(旧店舗)

↑ワカメがドカっと入ってボリューム満点です。酸っぱいスープと刻みタマネギ、そうめんのような白い麺が特徴の平塚ソウルフード、タンメン(湯麺)。前回紹介した花水ラオシャンの他に同じようなタンメンを出す老郷(ラオシャン)というお店があります。歴史や経緯などわかりませんが、平塚には屋号違いの二つの系統のラオシャンがあるんです。こちら老郷で出すタンメンは、ワカメが始めから入っていて¥550!スープの酸味はこちら...