スポンサーリンク

長野県スポット - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

烏城のある町

↑国宝松本城 シュッとしていてカッコいいです。(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)白川郷から上高地を経由して135km、松本市まで移動してきました。国宝松本城のある松本市は人口24万人の旧城下町。山脈の間にある盆地で標高約600m、沢山のお店とビルがありながらも市街地には清流が流れ、とっても気持ちの良い街です。「松本市」信州そばの一大産地である松本、ここに来たら安曇野わさびと蕎麦だよねぇ。↑蕎麦もウマイ!(EOS_5DMar...

眺望絶佳

↑これが3000m級アルプスの岩肌です。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)千畳敷カール内には一周40分程度で周遊できるハイキングコースがあります。今の時期は高山植物が一斉に咲き誇り、とっても賑やか。「千畳敷カール周遊道」天気も良かったし、絶景散策を兼ねてハイキングコースを歩いてみました。観るものすべてが美しい。晴天に感謝!いやぁ、来てよかった!↑散策コースはこんな感じで整備されているので気軽にハイキングで...

駒ヶ根ロープウェイ

千畳敷カールまでの行程はメチャ簡単!ちょっと拍子抜けするくらいの手軽さで3,000m級の岩肌を目の前にすることが可能でした。この手軽さを実現したのは日本で最初に建設されたという山岳ロープウェイ「駒ヶ根ロープウェイ」によるところが大きいのでしょう。秒速7mというスピードで高低差 950.0m(日本最高)を一気に駆け上がり、わずか7分30秒で日本で最も標高の高い場所にある駅「千畳敷駅」に到着します。↑まずは駐車場横、バ...

今年はカールへ

↑簡単にわかる図です。(一般社団法人 駒ヶ根観光協会オフィシャルサイト画像)一昨年(2012年)の立山黒部アルペンルートで調子づいた我が家、今年はここへ行ってきました。名古屋から中央自動車道を利用して150km、2時間で到着です。「中央アルプス(木曽山脈) 千畳敷カール」長野県南部、駒ケ根市から路線バスと山岳ロープウェイを利用することで、標高2,610mの雲の上まで手軽にいけちゃうというのがこのルートのウリ。かつ...

地球225周無事故

↑こんなところを片道6.1km走行しています。2012年8月8日(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)2年前(2012年)の夏の旅行は「立山黒部アルペンルート」へ行きました。富山県立山駅と信州長野県の扇沢駅を通り抜ける直線距離38km高低差1,975mを6つの交通機関を乗り継いで移動するという山岳観光ルートです。そのアルペンルートの交通機関の一つ、扇沢-黒部ダムを結ぶ関電トンネルトロリーバスが本日(8/1)、開業から50年となったそ...

15安曇野の公園

↑入口からすでにワクワク(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)宿泊したキャンプ場の近くにはあのNHKの朝ドラ「おひさま」のロケ地がありました。青々とした山、冷たくきれいな湧き水、そして人。。。安曇野っていいところですね。その近くに国営の公園があったので行ってきました。「国営アルプスあづみの公園」国営の公園って珍しいですよね。全国で16番目、2004年7月にオープンしたそうです。「自然と文化に抱かれた 豊かな自由時...

14安曇野キャンプ

↑森の中にあってとっても静かでした。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)立山黒部アルペンルート散策の宿はキャンプ!選んだ場所は室堂駅から40kmほど南下した長野県安曇野にあるオートキャンプ場「須砂渡憩いの森オートキャンプ場」標高770m、からまつに囲まれた静かな林の中にあるこのキャンプ場、一山越したら上高地という場所にあり、涼しいし、静かだし、設備も綺麗だし、とても快適に寝泊まりすることができました。車で3分ほ...

13最後にもう一回

標高(2,450m)の室堂散策を楽しみ、扇沢へ向け来た道を戻ります。↑また黒部ダムへ戻ってきました。ただいまの時間15時(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)↑ダムの中心で。。。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)↑しっかりダブルレインボーを観てきました!(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)戻ってきた「黒部ダム」でちょっと寄り道しちゃいましたが、室堂駅から扇沢駅まで一時間30分位で到着しましたヨ。中央の室堂から扇沢まで来たルー...

12ミクリガ池

↑逆さ立山連峰ならず。でも、美しい。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)室堂 のシンボル的存在の火口湖「ミクリガ池」室堂のターミナルから散策コースを数百メートル歩いただけで行くことのできる美しい池です。風がない時には逆さ立山が見られるそうですが、当日は風があったためその姿を見ることが出来ませんでした。でも新緑の立山と真っ白な残雪そして青く澄んだ池面のコントラストは今まで見たどの池よりも美しかったです。 ...

11らいちょう

↑どこにライチョウが居るか分かりますか?勿体ぶって引きの写真で。(苦笑) (EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)昭和30年に国の特別天然記念物に指定された氷河期からの生き残りの野鳥「雷鳥(らいちょう)」(wikipedia)限られた標高の高い山に生息するため、そう簡単には見られない貴重な鳥ですが、このこの室堂平周辺には約240羽(平成18年)ほどが生息しているそうです。運が良ければ見られるということだったので、注意深...

10室堂平

↑見よ、この晴天!(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)一歩外に出ると別世界!外に出ると雲一つない素晴らしいお天気!「室堂平」訪れた前日は午後から雲が出て何も見えなかったそうです。なんて運が良いのでしょう。素晴らしいと聞いていましたが、ここまでとは。。。目の前に迫る3000m級の山々の雄大さは「日本にもこんなに素晴らしい景色があったんだね」と思わずつぶやいてしまうほど美しい景色でした。標高2,450mの雲の上、余計...

09室堂到着

立山黒部アルペンルート最高地点(2,450m)の室堂到着です。(立山黒部アルペンルートHP)途中散策や寄り道をしたため最短の乗継ではありませんでしたが、約3時間ちょっとで目的地であるアルペンルートの最高地点室堂ターミナル(2,450m)に到着しました。「室堂ターミナル」日本最高所に位置するこの駅は立山黒部アルペンルートで最大の規模を誇る施設でレストランやお土産屋さん、ホテルなど高所とは思えない充実の設備となって...

08大観峰-室堂

大観峰駅から室堂駅までトロリーバスで向かいます。(立山黒部アルペンルートHP)↑このバスに乗っていきます。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)大観峰駅(標高2,316m)から次の室堂(標高2,,450m)まではこのトロリーバスで移動です。「立山トロリーバス」日本で最高所(2,450m)を走るトロリーバスで、アルペンルートにある関電トンネルトロリーバスと同様に日本唯一のものだそうです。1996年にディーゼルバスから電気化されたん...

06黒部湖-黒部平

次は黒部ケーブルカーで黒部平まで向かいます。(立山黒部アルペンルートHP)黒部ダムのえん堤を歩きトンネルに入るとケーブルカーの黒部湖駅があります。この黒部湖駅(標高1,455m)から次の黒部平(標高,1828m)まではこのケーブルカーで移動です。「黒部ケーブルカー」自然景観保護と雪害を防止するため全線地下トンネルを走るこのケーブルカー、全線地下トンネルを走るのは日本一唯一なんですって。↑黒部ダムのえん堤の端にケ...

05黒部ダム

↑絶景を観るためバスを降りてから220段の階段を上りました。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)「関電トンネルトロリーバス」でトンネル内を走ること16分、黒部ダム駅に到着です。そのまま黒部ダムえん堤を歩いて次を急いでも良いのですが、ここは迷わず220段ある地中階段を上ってダム展望台へ。階段から展望台へ出ると真っ青な空と雄大な峰々そして大きなダムが目の前に!「黒部ダム」これよ、これ!夢にまで観た光景です。うれしい...

04扇沢-黒部ダム

まずは右端の扇沢駅から黒部ダムまで向かいます。(立山黒部アルペンルートHP)↑(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)扇沢駅から「立山黒部アルペンルート」お初(我が家のね)乗りのもので出発!この扇沢駅(標高1,433m)から次の黒部ダム(標高1,470m)まではこのバスで移動です。「関電トンネルトロリーバス」ガソリンではなく電気を動力とするこのトロリーバス、現在はこの関電トンネルとアルペンルートの途中にある立山トンネルで...

03扇沢駅

↑当日6:20頃のチケット購入の列の様子(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)自宅の平塚から260km、「立山黒部アルペンルート」の長野県側玄関口扇沢駅へ到着したのは当日6時過ぎ。最寄りの信濃大町から40分と山深い場所にありながら駅(バスターミナル)はとても立派な建物でした。駐車場は駅の近くに有料、数分離れた場所に無料駐車場があってどちらも空きあったので、迷わず(笑)無料へ駐車。その後チケットを購入し、2階のバス出発...

01雲の上へ

↑さぁ、雲の上へ!(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)フライング気味ですが、一足早く夏休みに入ったので先週家族旅行へ行ってきました。我が家の今年の夏の旅行テーマは「雲の上へ」切符手配で旅行会社を通さないとダメ?装備・服装,段取りは?なにより小さな子供連れで行けるものなのか?など様々な不安があったため「行きたい」と思っていたけど行けなかったその場所へ、やっと行くことがてきました。しばらく神奈川県から離...

大王わさび農園

↑入り口からどかーんとわさびです。(EOS 5DMarkⅡ+EF16-35mmF2.8LⅡ)伊那市でローメンを食べた後、約60km離れた安曇野市にある年間120万人も訪れるという人気スポットのわさび園へ行ってきました。「大王わさび農場」北アルプスからの湧き水を利用した安曇野わさび田湧水群の一角にあるこの農園、東京ドーム11個分(約15ヘクタール)もあるという日本最大のワサビ園です。東京ディズニーランドが東京ドーム17個分といいますから一...

ゆりのゲレンデ

(EOS 5DMarkⅡ+EF16-35mmF2.8LⅡ)暑い日が続きますね。少しでも涼な気分になりたくて山梨県と長野県へ旅行へ行ってきました。まず向かったのは八ヶ岳山麓にあるゆりの里。「富士見高原 ゆりの里」中央自動車道相模原ICから小淵沢ICを経由して自宅から170km、到着して車を降りるとさわやかな高原の風とともにゆりの良い香りが漂っていました。例年7月10日から8月末まで富士見高原スキー場の斜面一面が300万輪以上ものゆりで彩られる...