スポンサーリンク

花水ラオシャン ・夏 - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

花水ラオシャン ・夏


↑一見あれですが、お子様用取り皿も出してくれるし、お土産ももらえちゃうなど子供連れにも優しいお店ですヨ。
 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

平塚市のソウルフードといえば。。。
酸っぱい透明スープに真っ白の麺が特徴の「らおしゃんのたんめん」

平塚市内(厚木に一店舗有)でのみ食べられているこの不思議な麺を提供している市内
5店舗の頂点に立つのは「老郷本店」と「花水ラオシャン本店」(食べログ)という二つのお店。

「老郷本店」は「花水ラオシャン本店」よりも酸っぱく味わい深いスープが特徴でメニューは
タンメン二種+餃子のみというシンプルな構成、「花水ラオシャン本店」は「老郷本店」よりも
薄味ですが素のタンメン(350円)からはじまってワカメ,ネギ,タマゴなど色々なトッピングと
味が楽しめるという特徴があります。

個人的には「老郷」の味の方が好きなのですが、夏の暑い時期には「花水ラオシャン」にしか
ないこの一品が食べたくなります。今年も先日行ってきましたヨ。

「冷やしタンメン」

冷麺のような冷たく酸っぱいスープの中にラオシャンタンメンの特徴である「そうめん」のような
麺が入っています。甘さと酸っぱさと冷たさとのど越しが最高!

暑い時期にはこれがウマいんだよなぁ。 平塚・夏限定のこの逸品を食べに来ませんか?


↑夏にぴったし!「冷やしタンメン」(500円) ラー油を投入して食べちゃいます。
 (EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)


↑これははずせないでしょ。焼きワンタン(6枚400円)お塩で食べます。(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)


↑2012年夏に登場した「つけめん」(500円) まるでそうめんのような味わいです。これもウマイ!
 (EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)


↑相変わらずの人気です。人数が多くても一緒に案内してくれるのがうれしい!
(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

~ラオシャンな過去記事~
唯一平塚市以外にあるお店です。「厚木ラオシャン
大好きなお店は現在改装中「老郷
これがなくでは始まらない「自家製ラー油」
花水ラオシャン本店の「ネギタンメン
花水ラオシャン本店の「タンメン350円」これだけでウマイ!

【メモ】
花水ラオシャン 本店
住所:神奈川県平塚市花水台29-4
電話番号:0463-6-0269
営業時間:10:30~22:00
定休日 木曜日
駐車場:お店北側少し離れたところに無料4台有

花水ラオシャン 本店ラーメン / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

冷たくて酸っぱくて細い麺はノド越しいいでしょうね

夏バテ乗り切れそうなソウルフードですね

ラオシャンが出てきたら
黙っていられませーん(笑)
定期的に禁断症状が出ます!!
時々、お持ち帰りで家で作りますが
やっぱお店で食べるのが一番(*^^)v
上の娘たちはラー油たっぷり入れて
餃子付きです!

平塚産まれじゃない末っ子も大好きですよ(o^^o)

Blue2

夏は好きですが、さすがにこの暑さには参ります。
暑いと麺ものが食べたくなりますよね。私だけかな?
この花水ラオシャン、以前紹介した老郷と同様に酸っぱいスープの中にひやむぎの
ような麺を入れたタンメンを出すお店です。こちらの花水ラオシャンは結構バリエー
ションがあり今回紹介したような冷たいタンメンが食べられたりするんですヨ。
平塚限定のこの味、チャンスがあったら是非お試しください。

Blue2

ラオシャン、昔は須賀にもありましたよね?小さいころ一度食べに行ったことあった
のですが、今は跡形もありません。
平塚市内に残ったラオシャン、厚木も含め全て食べ比べてみましたが、やっぱり
私は老郷が好き。花水ラオシャンは老郷よりも酸っぱさがマイルドなんですよね。
あぁ、書いているうちにまた食べたくなってきた。
我が家の娘たちもラオシャン好き。完璧平塚ッコです。(笑)

うちの近くにありましたよ!
徒歩1分ってトコかな(≧▽≦)
小学校高学年の頃から一人ラオシャンしてました(*^^)v
近所なのでお店の人とも顔なじみで
家族揃って常連でしたよ。
何年か前にオーナーさんが高齢に伴い閉店されました(T_T)

Blue2

「透明な酸っぱいスープに白い麺」って地元以外で話しても全然興味を持ってもらえません。(苦笑)
あんなにおいしいのに。ラオシャンは平塚のソウルフードですね。
B級グルメが流行る中、このタンメンは絶対に出ることないだろうなぁ。これからも平塚限定で
ここに来ないと食べられないというスタンスを守り続けてもらいたいです。