駒ヶ根ロープウェイ

千畳敷カールまでの行程はメチャ簡単!
ちょっと拍子抜けするくらいの手軽さで3,000m級の岩肌を目の前にすることが可能でした。

この手軽さを実現したのは日本で最初に建設されたという山岳ロープウェイ「駒ヶ根ロープウェイ」に
よるところが大きいのでしょう。秒速7mというスピードで高低差 950.0m(日本最高)を一気に駆け
上がり、わずか7分30秒で日本で最も標高の高い場所にある駅「千畳敷駅」に到着します。

5D3_021014_08.jpg
↑まずは駐車場横、バス停前の販売所でチケット購入。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_021614_08.jpg
↑中京テレビの取材が同行 もしかしたら写っていたかも。(笑) (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_0281Y14_08.jpg
↑行程はこんな感じ。 カモシカに遭遇したり、綺麗な沢を眺めたりしてバスは進みます。(中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイHP)

5D3_024114_08.jpg
↑標高1,662mから山岳ロープウェイに乗り込み雲の中の山頂を目指します。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

<千畳敷カールまでの行程>
(1)中央自動車道駒ケ根ICから2km、わずか5分ほどで管の台バスセンターに到着。
(2)ここに車を駐車。(500円)
(3)近くのチケット販売所で千畳敷カールまでのバスとロープウェイの往復券を購入。(往復大人3,900円)
(4)30分ごとに発着するバスに乗車し、40分ほどで山岳ロープウエイの「しらび平駅」に到着。(標高1,662m)
(5)30分間隔(過渡期は臨時有)で運行される山岳ロープウエイに乗車。
(6)わずか7分30秒で日本一高い駅「千畳敷駅」(標高2,6,12m)に到着。
(7)「千畳敷駅」を出ると目の前に絶景が! 駐車場からここまでの主要時間1時間弱!(驚)
(8)一周40分という「千畳敷カール散策路」をスニーカーでハイキング
(9)涼しい千畳敷カールでまったりとして感動に浸り、飽きたら好きな時間に山岳ロープウエイを使って下山します。
(10)帰りは逆ルートで迷うことなく駐車場に到着です。

5D3_027414_08.jpg
↑7分半後 日本最高点の駅が見えていました。 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

<2014年夏の旅行記事>
01_2014年夏の旅行スタート
02_名古屋科学館
03_名古屋科学館(世界最大のプラネタリウム)
04_「麺や花火 台湾まぜそば
05_サツキとメイの家1
06_サツキとメイの家2
07_名古屋城 -しゃちほこ-
08_中央アルプス 千畳敷カール 案内
09_駒ヶ根ロープウェイ(日本最初の山岳ロープウェイ,日本最高点駅,日本一高低差)
10_千畳敷カール 晴天!
11_千畳敷カール 周遊道 3000m級アルプスの岩肌
12_長野県駒ケ根名物 ソースかつ丼(B-1グランプリ出場)
13_飛騨高山散策1 さるぼぼ
14_飛騨高山散策2 食べ歩き
15_飛騨牛ステーキ
16_白川郷(日本で6番目の世界遺産(文化遺産))
17_国宝 松本城と信州そば
18_シャトレーゼ白州工場 工場見学
19_サントリー白州工場 工場見学
20_金精軒 「水信玄餅」
21_小作 「ほうとう」
22_NHK連続テレビ小説「花子とアン」安東家
23_2014年夏休み総括>

コメント

非公開コメント