原鉄道模型博物館2

5D3_181715_04_1207Blue.jpg
↑こんな感じのジオラマが!(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

展示されている1番ゲージは外観はもちろん、車内に至るまで造り込まれており、とてもリアル。
その模型が走行するというジオラマがここの目玉なんです。

原鉄道模型博物館 いちばんテツモパーク」

一般公開されている一番ゲージの室内ジオラマとしては世界最大規模というここの展示、精巧に
作られたジオラマはどこを観ても鉄道に関する物語が出来てしまうような素晴らしさでした。

ジオラマの精巧さにも驚いたのですが、模型が走る音についてもびっくり!ホントの電車が走って
いるような音がするんですヨ。使っているレール材質と、慣性制御技術、パンタグラフ給電方法など
相当なこだわりがあるんだそうです。

これらジオラマは開館当初は撮影は禁止だったのですが、2013年11月から撮影可能となり魅力が
一気に増しました。

鉄道ファンでなくとも楽しめること間違いなしのこの博物館、今更ですがおススメですぞ!

5D3_177815_04_1207Blue.jpg
↑もちろん動いてマス。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

5D3_181315_04_1207Blue.jpg
↑さすが世界最大!迫力です。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

5D3_181515_04_1207Blue.jpg
↑何時間でも観ていられるんです。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

5D3_180815_04_1207Blue.jpg
↑電車がある風景がたくさんあります。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

【メモ】
原鉄道模型博物館
住所:神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号 横浜三井ビルディング 2階
電話番号:045-640-6699
営業時間:11:00~18:00 (最終入場時間 17:30)
お休み:毎週火曜日 その他施設調整日等
料金:大人 1,000円、中学・高校生 700円、小人(4歳以上)500円
駐車場:横浜三井ビルディング地下1階
開館日:2012年(平成24年)7月10日

コメント

非公開コメント

行ってみたい♪

素晴らしいですね。

Blueさん、こんにちは。

 素晴らしいジオラマですね。視線を落として、ずっと見ていたくなります。

 撮影がOKになったのですね。うーむ、ここも行ってみたい場所のひとつになりましたよ。

 もう2泊3日では到底足りませんね。(笑)

すげー精巧なジオラマ
時間を忘れて一日中ぼーっとみていたなぁ
男のロマンですねぇ

特に鉄ちゃんというわけではないんですがこれは是非行ってみたい!ジオラマ好きにはたまらないですね!このジオラマの中の住人一人一人の生活まで妄想してしまいそうです(*^^*)

Blue2

女性も何名も居てジオラマに見入っていました。
時間によって昼夜の風景が見られるんです。夜は窓に灯がともりとってもロマンチック
なんですヨ。

Blue2

すみません。ケーフィールドさまが来られた時には、まだ撮影ができないものと思っていて
ご案内しませんでした。次回チャンスがありましたら真っ先にご案内します。
一定時間で昼と夜に切り替わるのですが、凄くロマンチックなんです。走行している車両も
ガンガン変わるし、ジオラマを走る姿が毎度変わるので、見飽きません。
列車にはカメラが付いて、運転台で操作可能することもできちゃうんですヨ。
紹介していませんが、展示車両も沢山!楽しすぎてここで終わってしまうかもです。(笑)

へ~~!こんなのあるんですね。
これは綺麗~~!是非見に行きたいっす。

Blue2

Nゲージ(1/150)に対してここの模型は1/32(もしくは1/30.5)なんですって。その
大きさが想像できますか?
ホントの電車と同じように架線から給電、慣性で走行するらしく、まるで本物の電車が
入っているような音がするんですヨ。模型のリアルさはもちろんですが、音までもリアル
なんです。チャンスがありましたら是非!当然ご案内しますので連絡くださいね。