スポンサーリンク

平塚海岸夕焼け2018 - 蒼い海BLOG

平塚海岸夕焼け2018


↑砂浜に降りるとこんな風景を観ることができます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

神奈川県の南部ほぼ中央、相模湾に面した平塚市。 
海も川も山も滝も田園風景(笑)もある手軽に自然を楽しめる素敵な街です。

■平塚八景
平塚市には昭和57年(1982年)4月、市制施行50周年を記念して平塚市民の推薦のもとに
制定された平塚の代表的な8つの 景色・景観地を集めた平塚八景(湘南平,金目川と観音堂,
七国峠・遠藤原,霧降りの滝・松岩寺,森の前鳥神社,八幡山公園,湘南潮来,平塚砂丘の
夕映え)というものがあります。

そのうちの一つ平塚砂丘の夕映えは、相模川と金目川に挟まれた約4キロメートルの平塚海岸
からみる夕日の美しさを称えたものです。

平塚八景 平塚砂丘の夕映え」(平塚市HP)

JR平塚駅南口から約1キロメートル南へ進むと平塚海岸に到着するのですが、今回はそこから
東へ約1キロメートル行った平塚海岸の端っこにある平塚新港から見た夕焼けの紹介です。

■平塚新港から夕焼けを見る
平塚新港は平塚市漁業協同組合が昨年(2017年)ネーミングライツ(命名権)を取得して平塚の
漁業をPRするのキャラクターひらつかタマ三郎を冠名とした「ひらつかタマ三郎漁港」という名称へ
変更されました。

この港は平塚海岸の東端に位置しており、雄大な相模湾と4kmの平塚海岸、そして箱根連峰や
富士山がいっぺんに見渡せる人気のスポット。
港の名前はちょっと面白いですが、夕日の時には箱根の山々に沈む夕日、日没後の変わりゆく
空を障害物なく見渡せる素晴らしい場所なんですヨ。

港に隣接した有料駐車場が平塚海岸に直結しているので、車を降りてちょっと歩けばその絶景を
観ることができるというのも利点です。

堤防に腰かけて沈みゆく夕日を観ながらボーっとする。 私の特別時間です。

5D4_9584_1712_20171228223005e90.jpg
↑夕焼け色の海を独り占め。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)

5D4_9600_1711_2017122822300188f.jpg
↑平塚の海のランドマークです。 平塚沖総合実験タワー(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)

■アクセス
ひらつかタマ三郎漁港に隣接しているのは「ひらつかタマ三郎漁港駐車場」という平塚市が
管理する有料駐車場。開放時間は以下。24時間営業ではありませんが、夕焼けや日没を
観るには問題ないと思います。

・11月~5月:8:00-18:00
・6月~10月:7:00-20:00

駐車料金は以下。良心的な値段設定なので、利用しやすいです。
短時間(10分以内)であれば無料です。

・9月~6月:2時間まで200円 (7時間以上 1,000円)
・7月~8月:1時間まで200円 (7時間以上 1,200円)

【メモ】
ひらつかタマ三郎漁港(平塚新港)駐車場
住所:神奈川県平塚市千石河石53-29
電話番号:080-9370-2048 (ひらつかタマ三郎漁港駐車場)

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Blue2

キラキラ夕焼け、素敵ですよね。
あまりのキレイさに見とれてしまいました。