スポンサーリンク

湘南ローズ2018・早春 - 蒼い海BLOG

湘南ローズ2018・早春

5D4_3948_180216_1207Blue.jpg
↑この看板が目印。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)

5D4_4807_180216_1207Blue.jpg
↑10時開店前には行列が。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

■平塚は苺の産地なんです
私の住んでいる平塚市は神奈川県内の南に位置し、冬でも比較的温暖な地域。
神奈川県一の米どころであるとともにビニールハウス栽培でのいちごの生産が
盛んな地域としても知られています。戦争で途中、中断があったそうですが、
85年の歴史になるそうです。

市内には沢山のいちご農園があって、イチゴ狩りも盛んにおこなわれています。
シーズン(1月~4月頃)週末には市街内外からいちご狩りのお客さんが沢山来て
とても賑わうんですよ。
平塚市ではいちご狩りのご案内ページをつくり紹介しています。
平塚のいちご狩りのご案内 平塚市HP

■いちごは追熟しない
いちご狩りのいちごって甘くておいしいですよね。どことなくスーパーで売られて
いるいちごとは違う気がしませんか?それは気のせいではなくて、食べたいちごが
完熟したいちごだからなんです。

いちごは虫や鳥などに種を運んでもらうため、完熟したらすぐに身を崩し、匂いを
発する植生があるそうです。なので、通常スーパーに売られているいちごのほと
んどは痛みを懸念して完熟前に早摘みされたものなんですって。
追熟しないいちごは、収穫したときの味のまま、結果としてあまり甘くないちごが
店頭に並んでいるというわけです。

■産地なら完熟いちごが買えるんです。
完熟いちごが食べられるいちご狩りはおいしくて、楽しいですのですが、30分食べ
放題で1,600円(平塚1,2月の相場)ってちょっとお高いですよね。私はシーズンに
一度情緒を味わったら十分。あとは直売所でパック売りされたものを買っています。

平塚市内ではJA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」をはじめ、各農園の直売所
などで平塚いちごを買うことができるのですが、我が家のおススメはここ。

湘南ローズ

自宅から徒歩圏内にあるこのお店、お店周辺にある怪しげな看板が特徴のちょっと
変わったイチゴ販売所です。
(以前、怪しげな看板が掲げられた風景がなるほど珍百景で紹介されました)

看板はちょっと怪しげですが、扱っているイチゴは一級品!
スーパーの苺とは販売思想が違うので当たり前ですが、一番おいしいところを朝採り
した新鮮ないちご(品種さちのか)は、真っ赤で、完熟で、香りも良いし、とっても
甘いんです。ここのを食べたら、少なくともスーパーで売っているのは食べられなく
なっちゃいますヨ。

傷みやすい完熟いちごが食べられるのは産地の特権ですね。
お値段は1パック200円(ジャム用)から600円までと良心的。シーズン中は毎日10時
からオープンするのですが、なくなり次第、閉店してしまうのでご注意ください。

5D4_4812_180216_1207Blue.jpg
↑美味しそうな苺多沢山並んでます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_4825_180216_1207Blue.jpg
↑キラキラの苺たち。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

【メモ】
湘南ローズ
場所:神奈川県平塚市南豊田579
営業時間:10:00~17:00 (なくなり次第、閉店)
定休日:いちごのシーズン中(1月~5月)は無休 臨時休業あり
連絡先:0463-32-6645
駐車場:店前5台ほど

べり子の不思議の苺園その他 / 平塚駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント