スポンサーリンク

山梨県立リニア見学センター - 蒼い海BLOG

山梨県立リニア見学センター


↑施設外観(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

2027年を目標に中央新幹線として実用化を目標に進んでいる超電導リニアモーターカー、
知っているようで詳しくは知らないですよね。ちょっと時間ができたので家族で勉強へ行って
きました。

山梨県立リニア見学センター

■山梨県立リニア見学センターとは
私の住んでいる神奈川県平塚市から80km、山梨県都留市にあるこの施設は、山梨リニア
実験線の走行試験の開始に合わせてオープンした県立の見学施設です。

山梨リニア実験線に併設されていて走行試験の様子が見学できるとともに、実際の試験車両に
乗車できたり、磁力浮上・走行体験のできるミニリニア、超電導の仕組みを詳しく説明した展示や
資料、映像と振動でリニアモーターカーの疑似乗車体験のできるシアター、将来の姿をイメージ
したミニジオラマなどなど、リニアモーターカーの歴史と今を見られる見どころ盛りだくさんの有料
施設です。

5D4_3626_1802.jpg
↑2003年に最高速度581km/hを記録した試験車両(MLX01-2)実物展示(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_3650_1802.jpg
↑超伝導の実験模様。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

5D4_3690_180216_1207Blue.jpg
↑なかなかのジオラマ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

■実際に走っている姿も見られる。
残念ながら当日は実施されていなかったのですが、センター前には山梨試験路(全42.8km)が
走っており、試験走行実施日には、施設内(有料ゾーン)施設外(無料ゾーン)でその姿を見る
ことができるそうです。(平成25年8月29日より開始)

また、JR東海が主催している実際にリニアモーターカーに乗れる「リニア体験乗車」の応募券を
いただくこともできました。(近くの道の駅の訪問スタンプも必要)
なかなか当たらない体験乗車の抽選ですが、ここでもらった応募券だったらもしかしたら一般の
募集よりも確率が高いかもしれませんね。(実際のところは知りませんが)

■まとめ
事前に調べた時には規模も小さかったので、すぐに見終わってしまうと思っていたのですが、
リニア浮上体験や超電導の仕組み実験などが結構面白くて、結果、4時間も長居してしまいました。

なかなかタイミングが合わないかもしれませんが、遊びに行かれる時には事前に試験走行日を
確認していかれた方が楽しさ倍増だと思います。
走行試験スケジュール(金曜日夕方に翌週土曜日までの予定発表)

5D4_3694_1802.jpg
↑こちらは無料エリア 試験走行日にはこの位置から見ることができます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

超電導リニアの高速走行体験乗車応募ページ(JR東海)

【メモ】
山梨県立リニア見学センター
住所:山梨県都留市小形山2381
電話番号:0554-45-8121
営業時間:9:00-17:00
お休み:毎週月曜日
入館料:大人420円 高校生310円 小・中学生200円 (土曜日は高校生以下無料)
駐車場:無料多数

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント