スポンサーリンク

やさしい大根スープ - 蒼い海BLOG

やさしい大根スープ


↑パッケージ (EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

地元のスーパーそして飲食店、地場野菜農園のコラボ企画で誕生したというウワサの大根
スープを飲んでみました。

野菜を味わうスープ~冬 - やさしい大根~ 」(湘南ひらつか野菜物語)

■産業間連携ネットワーク制度で誕生
平塚市が2016年に創設した「産業間連携ネットワーク制度」は、事業者間でつくられたネット
ワークでの新商品の開発や新事業の創出などの取り組みに対して開発費補助等支援をする
というもので、現在、いくつものプロジェクトが進行中です。

いづれも、平塚市を広く周知すること、活性化すること、地域資源に新たな活路を見出すこと、
など、平塚を元気にすることを目的に進められているプロジェクトだそうです。

■地場産野菜を取り扱うお店が協力
今回このスープを作ったのは地元野菜を活用したお惣菜プロジェクトームの会員である、スー
パーマーケット「有限会社まじめや」さんとレストラン「旬菜屋NoBu」さんそして「猪俣農園」さん。

地元で低農薬にこだわった野菜を育て、その地場野菜を使って料理を作り、そして売るという、
その分野のプロが協力して開発したメニューが美味しくないわけないですよね。

■実食
大根を丸ごと使っているということで、ざらつきやえぐみを感じたりするのかと思ったのですが、
今が旬の平塚産の大根と平塚産米のはるみを使った甘酒で作られたというスープは、全然
そんなことなくてとっても飲みやすかったです。

消化に良いということだったのであっさりしているのかとも思ったのですが、甘くて濃厚だし、
温まるし、想像以上の美味しさでした。

■売っているところ
この「やさしい大根スープ」を売っているのは平塚市のほぼ中央東八幡にあるスーパーまじめや
さんで買うことができます。1個280円(税抜)(2個買うと500円)です。

■まとめ
地元平塚が元気になるって、とっても嬉しい!そして地場の野菜を美味しく食べられるのって、
とっても幸せ。こういった地元が元気なる活動は素敵ですね。

今後季節によっていろいろな野菜で商品を開発していくそうです。この「やさしい大根スープ」は
3月下旬までの販売とのことですので、興味ある方はお急ぎお試しくださいませ。

【メモ】
スーパーまじめや
住所:神奈川県平塚市東八幡2-15-7
電話番号:0463-22-6382
営業時間:~20:00
お休み:不定期
駐車場:無料6,7台

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます