スポンサーリンク

551蓬莱の豚まん - 蒼い海BLOG

551蓬莱の豚まん

5D4_4914_180216_1207Blue_201802171452199f9.jpg
↑2個入 340円 4個入 680円 6個入 1,020円 10個入 1,700円です。 (EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

出張などで大阪へ行ったとき、時々帰って帰ります。

551蓬莱の豚まん

■551蓬莱の豚まん
大阪市を中心に4店舗を展開する中華料理のお店「551蓬莱」(ごーごーいちほーらい)、
店名の由来は前身の蓬莱食堂、そして創業当時の店の電話番号「551」からとったもの
だそうです。
1964年創業のこの中華レストランの製造販売する豚まんがとっても人気なんですヨ。

■一日14万個以上も売れる
大阪名物の一つともいわれる551蓬莱の豚まん、新大阪のお土産屋さんや大阪の繁華街の
お店はいつも行列!お客さんがひっきりなし。HPを見ると一日14万個以上も売れているんだ
そうです。

■遠方持ち帰るならチルド
「551蓬莱の豚まん」は全て直営店での手作り出来立てアツアツを販売しています。
冷凍品はなく、遠距離持ち帰り用のチルド品(出来立てを急速冷凍したもの)は以下店舗で
のみ購入可能というのをお忘れなく。

<チルド豚まん購入可能8店舗>
〇新大阪駅店
〇新大阪駅構内店
〇メディオ新大阪店
〇伊丹空港店
〇関西空港店
〇JR大阪駅店
〇大津SA(上り)店
〇大津SA(下り)店

■香る
遠距離持ち帰り用のチルド品ですが、残念ながらこれが匂う。。。(苦笑)
東海道新新幹線に入ってくると「あっ、持っている!」とバレてしまいます。匂いテロ的な扱い。。。
これが唯一の問題点ですよね。 あれ、タマネギの匂いだそうです。

気になる方は購入の際、「ビニール袋に入れてください」と言えば解決しますので、是非!

■類似品?
冷凍品を作っていない「551蓬莱の豚まん」ですが、スーパーなどでは時々冷凍ものを見かけ
ませんか? よく見るとパッケージやロゴが違う「蓬莱本館」というメーカーのものなんです。
味も見た目も違うので全くの別物という話がありますが、これ、蓬莱の創業メンバーが作った
お店のものなんですって。 あながち関係がないというものでもないようです。

551蓬莱、蓬莱本館が隣り合ってレストランもありますし、食べ比べてみるのも面白いでしょうね。

■実食
皮のモチモチ感、皮もアンも甘くておいしい!
具だくさんのところが、普通の肉まんとの違いかなと思います。
普通の肉まんと思っていたら大間違いの美味しさですヨ。

■まとめ
お客様に新鮮なものを届けられる範囲で提供するという精神のもと、大阪近郊でしか販売して
いない「551蓬莱の豚まん」
チルド品を買うこと、そしてビニールに入れてもらって持ち帰ること。
この二つを覚えていてくださいね!

5D4_4924_180216_1207Blue.jpg
↑開けた瞬間においしそう。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

5D4_4927_180216_1207Blue.jpg
↑神奈川県で食べられる幸せ。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

闇にシュウマイやチマキも美味しいのでお試しを^^

Blue2

大阪名物の豚まん、最近では持ち帰るお客さんが多く、「匂いテロ」と言われ、
新幹線への持ち込みが問題視されています。そんなときにはビニールに入れたらOK!
全員そうすれば良いのに。と思います。

Blue2

なんばにあるレストランで食べましたヨ!
アツアツの豚まんにも感動しました。551蓬莱のレストラン、いいですね。