スポンサーリンク

祇園でお好み焼きのルーツを食す - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

祇園でお好み焼きのルーツを食す

IMG_5909_180716_1207Blue.jpg
↑各席に美しい女性が待機。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

京都まで行ったので、お好み焼きのルーツが食べられるというお店へ立ち寄ってきました。

壹錢洋食(いっせんようしょく)

■お店のある場所■
大阪にある方がふさわしいと思えるとっても賑やかで派手な外観のこのお店、なんと?! 
祇園四条、八坂神社近くにあるんです。ザ・京都な雰囲気が素敵な祇園にあるだなんて、
ちょっとビックリじゃないですか?

■メニューは一つ■
このお店で提供されるメニューは「一銭洋食」という料理一つだけ。
この一銭洋食という食べ物は、大正時代に駄菓子屋で売られていたお好み焼きの前身で、
「1銭で食べられる洋食」ということでそう呼ばれていたそうです。見た目はシンプルですが、
卵・紅ショウガ・天かす・味つけこんにゃく・国産和牛など、こだわりの食材、9種類もの具が
入っているそうです。

<メニュー>
・一銭洋食(ふつう味):730円
・一銭洋食(あま味):730円
・一銭洋食(から味):730円


↑メニューはこれだけ。 こだわりの食材が使用されているそうです。 (EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)

■美しい女性と同席■
外観もびっくりなのですが、店内はもっと凄いんです。
料理提供までの間に退屈しないようにと店内は面白い小物や飾りでいっぱい。
地元平塚市にもおもちゃ箱をひっくり返したような「ペッパーズドライブイン」というお店が
ありますが、あちらは洋風、こちらは純和風!
席には美しい女性がお座りになられていますので、緊張。(笑)

IMG_5933_180716_1207Blue.jpg
↑見つめられていて、緊張するんですけど。。。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

■まとめ■
京都へ行くと、京都らしいものを食べるのは当たり前ですが、一食ぐらいは変わったものを
食べてみるのもイイかもしれませんよ。

IMG_5943_180716_1207Blue.jpg
↑お好み焼きのルーツだそうです。(EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)

IMG_5951_180716_1207Blue.jpg
↑祇園にあります。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

【メモ】 2018年7月現在
壹錢洋食
住所:京都府京都市東山区祇園四条通縄手上ル祇園町北側238
電話番号:075-533-0001
営業時間:11:00~3:00(日・祝)10:30~22:00
定休日:なし

壹銭洋食お好み焼き / 祇園四条駅河原町駅三条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

No title

お好み焼きのルーツがあるというのを初めて知りました。

No title

京都生まれの私より京都詳しい(笑
これは面白そうですね!!気軽に買って食べられそうです。行ってみようかな。

Blue2

祇園の雰囲気から逸した、なかなか面白いお店です。
メニューが一つだけというもの面白です。

Blue2

ミニチュアやフィギュア、レトロな品々、そして席に座るマネキンの女性。。。
祇園にありますが、らしからぬなかなかファンキーなお店でした。
京都、楽しすぎます。