スポンサーリンク

迎春ねぶた2019 - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

迎春ねぶた2019

5D4_1923_190116_1207Blue.jpg
↑まずまずだったみたい。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

お正月が終わったあとの我が家の恒例行事、平塚市のお隣の寒川町にある寒川神社へ拝殿
参拝に行ってきました。
参拝の楽しみなのが毎年飾られる迎春ねぶた。 今年のものも素敵でした。

寒川神社 迎春ねぶた

■寒川神社 初詣の風物詩■
災難・厄よけ・平和を願い毎年元旦から節分まで神門に迎春ねぶたを飾るというこの行事、
2001年から始まって今年は19回目となる寒川神社、お正月の風物詩です。
青森ねぶたとほぼ同じ大きさ(横9m×高さ2.6m×奥行1.7m)、今回も青森ねぶた師の北村
蓮明師(2013年 ねぶた大賞・優秀制作者賞受賞)によって製作されたものだそうです。

例年、元日0時に点灯され、正月三が日は常時点灯、1月4日からは日没から22時まで点灯
され、節分まで掲げられます。

■今年のテーマは天孫降臨■
毎年干支をテーマに制作されてきた迎春ねぶたでしたが、干支が一巡して2013年から古事
記の神話にちなんだものになっていて、今年は記紀神話「天孫降臨(てんそんこうりん)」が
テーマだそうです。 ライトアップされた夕暮れ時の姿は寒川神社の厳かな雰囲気とマッチ
してとっても素敵ですヨ!

■長女の厄払いへ■
私が本厄の時、2009年から毎年拝殿参拝へ行っています。10年目、今年は家内安全と満19
歳になる長女の後厄払いをしてきました。
厄年を含め大きな病気や災いがないので、ご利益があると信じています。今年、厄年の方は
是非!

・2019年の男性の厄年:数え年で25歳/42歳/61歳が本厄
 (25歳:1995年(平成7年)/42歳:1978年(昭和53年)/61歳:1959年(昭和34年)本厄)
・2019年の女性の厄年:満数え年で19歳/33歳/37歳が本厄
 (19歳:2001年(平成13年)33歳:1987年(昭和62年)/37歳:1983年(昭和58年))

5D4_1534_190116_1207Blue.jpg
↑沢山の露店も寒川神社参拝の楽しみ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_1599_190116_1207Blue.jpg
↑相変わらず、参拝客が多い!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_1859_190116_1207Blue.jpg
↑お祓い終わって出てきたら神門が閉まっていました。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_1568_190116_1207Blue.jpg
↑記念撮影しちゃいますよね。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D4_1881_190116_1207Blue.jpg
↑今年のねぶたも素敵です。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

~寒川神社の迎春ねぶたな過去記事~
2018年 戌年 寒川神社 迎春ねぶた 
2017年 酉年 寒川神社 迎春ねぶた 
2015年 未年 寒川神社 迎春ねぶた 
2014年 午年 寒川神社 迎春ねぶた 
2013年 巳年 寒川神社 迎春ねぶた 
2012年 辰年 寒川神社 迎春ねぶた 
2011年 卯年 寒川神社 迎春干支ねぶた
2010年 寅年 寒川神社 迎春干支ねぶた
2009年 丑年 寒川神社 迎春干支ねぶた
2008年 子年 三重県津市 辰水神社 巨大干支  (三の重BLOG)番外
2007年 亥年 寒川神社 迎春干支ねぶた (青い森BLOG)

【メモ】
寒川神社 迎春ねぶた ライトアップ
期間:2018年1月1日~2018年2月3日節分
時間:日没~22:00 (点灯)
場所:神奈川県寒川町宮山3916 寒川神社 神門
TEL:0467-75-0004
駐車場:無料(400台)寒川神社東側

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Blue2

ねぶたもですが、露店も魅力的です。
今年も拝殿参拝したので、大丈夫だと思います!