スポンサーリンク

帆船日本丸と第1号ドック見学会 - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

帆船日本丸と第1号ドック見学会


↑ドックの上から見るとこんな感じ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

帆船日本丸の20年振りというプレミアムな見学会へ行ってきました。

帆船日本丸・旧横浜船渠第1号ドックの市民見学会

■帆船日本丸とは?■
横浜市みなとみらい21地区、日本丸メモリアルパーク内第1号ドックに係留されている「帆船
日本丸」は、昭和5年(1930年)に建造された89歳の練習帆船です。現役中は延べ183万km
(地球4周半)を航海し、11,500名の実習生を育ててきたそうです。

昭和60(1985)年4月に現在のドックに移動保存され、2017年9月15日国指定重要文化財と
なりました。

■20年ぶりの大改修■
そんな歴史のある「帆船日本丸」の大規模改修が20年ぶりに行われることとなり、ドック内の
海水が抜かれました。
平成30年度~31年度の期間、約6億円をかけて、船体・船底 鋼板等の腐食部分の修繕、
ヤード(帆桁)の交換、甲板・漏水の防水工事、その他修理を行うそうです。

■当選6倍■
ドック周辺はバリケードなどで工事規制が敷かれているのですが、水が抜かれ、足場が組ま
れた作業風景を見ることができます。普段は目にすることのできない石造りの第1ドック壁面や
船底などが確認できるので、ちょっとドキドキ!

そんなプレミアムな姿を見ていただこうと、20年振りの大工事に先立ち、2019年1月13日と14日
の2日間、横浜市内在住・在勤・在学の方で、中学生以上の方を対象に見学会が企画されました。

普段は絶対見られない、行くことのできない場所へ行けるスペシャルな見学会とあって昨年
(2018年)末に行われた事前募集(12月13日~12月26日)は大盛況で、最終的な当選倍率は
6倍にもなったそうです。

■見事当選、見学会参加■
2日間、限定480人が参加するこの見学会は一日6回、各40名が関係者の説明ガイド付きで
50分間、実際に水の抜かれたドック内に入り、大規模改修事業の概要説明や帆船日本丸の
見学することができるというものでした。

そんな見学会に見事当選! せっかくなので家族4人で参加してきました。
見学はドック内に降りるだけでなく、足場の中に入って実際に船体に触れたり、直接作業を
される方々のお話を聞けるなど、とっても有意義なものでした。
新年早々、運を使い果たしてしまった感がありますが、行けてよかった。

その姿を次に見ることができるのは20年後(?) また、見に行けたらいいな。

1207Blue_5D4_2356_1901L.jpg
↑当時の石造りの階段を10mほど降りていきます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2393_1901L.jpg
↑ドックの壁面が目の前に。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2421_1901L.jpg
↑この場所に立てる幸せ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2439_1901L.jpg
↑船底には貝がびっしり。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2491_1901L.jpg
↑こんな姿を間近で見られるなんて、夢のようです。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2461_1901L.jpg
↑こんな感じで支えられてます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2489_1901L.jpg
↑この景色は一生忘れません。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

1207Blue_5D4_2525_1901L.jpg
↑とっても有意義な経験となりました。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

【メモ】
帆船日本丸・旧横浜船渠第1号ドックの市民見学会
実施日:2019年1月13日(日)・14日(月) 2日間
実施時間:9:30~15:50(各50分 計6回)
実施場所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1 日本丸メモリアルパーク
参加費用:無料 (ただし、事前応募要)



スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます