スポンサーリンク

ジンギスカン鍋でホルモンを食べる - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

ジンギスカン鍋でホルモンを食べる

5D4_5403_2005_PS19.jpg
↑お店外観。歴史感じるなぁ。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

秋田県鹿角(かづの)のご当地グルメを食べてきました。

ホルモン幸楽 花輪本店

■秋田県の名物いっぱい■
「横手焼きそば」「しょっつる鍋」「きりたんぽ」「稲庭うどん」「いぶりがっこ」「鳥めし」「比内地鶏」に
「バナナボート」「ババヘラアイス」などなど、秋田県には美味しいグルメが沢山ありますよね。 
全国区のものありますが、ご当地でしか知られていない隠れたグルメもあって、散策が面白いです。

今回食べてきたのは「鹿角ホルモン」というもの。 これ、ほとんど知られてないですよね。

きりたんぽの名店「元祖 むらさき」できりたんぽ鍋を堪能
いぶりがっこ、すっかり居酒屋さんの定番になりましたよね「旬の味 炭火焼いろり 」(青森県三沢市)

■ジンギスカン鍋でホルモンを食べる■
この「鹿角ホルモン」(かづのほるもん)は、秋田県鹿角市で68年前(1952年)くらいから食べら
れているもので、、地元では大人気の料理だそうです。
一番の特徴はジンギスカン鍋を使うこと。  秘伝のたっぷりしょうゆダレに漬けこまれたホル
モンとキャベツ、お豆腐をジンギスカン鍋の上に載せ、焼いて(グツグツ煮込んで(?))食べる
んですヨ! 食べ方はこんな感じ。

・ジンギスカン鍋をコンロで加熱する
・秘伝のタレに漬けこまれたホルモンを投入する
・鍋の廻りにお豆腐を並べる
・大量のキャベツを投入する
・ジンギスカン鍋の縁に溜まった秘伝のタレ、脂をスプーンですくって上から何度もかける
・お豆腐その他具材を焦げないようにひっくり返す。 そしてスプーンでかけるを繰り返す
・良い焼き加減になったら完成!

IMG_7976_2005_PS19.jpg
↑幸楽の食べ方。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

■食べたお店■
食べてきたのはこの「鹿角ホルモン」を食べさせる一番有名な「ホルモン幸楽」さん。秋田県
鹿角市のふるさと納税の返礼品にもなっているそうですヨ。
食べに行った花輪本店を含め秋田県内に4店舗、岩手県に1店舗の5店舗を展開しています。 

「花輪ばやし」はスバラシイ!

■メニュー■
もともと焼肉屋さんなので、お肉の種類は豊富。近くの姉妹店から冷麺なども持ってこれる
そうです。 でも、今回の目的は「鹿角ホルモン」 特化してメニュー載せます。
ホルモン安すぎ! 一人で行って「ホルモン一人前・キャベツ・お豆腐(半丁)・ご飯(普通)・
お味噌汁」を注文して1,150円でした。

・ホルモン(一人前200g):350円
・キャベツ:220円
・お豆腐(半丁):160円
・ご飯:(普通) (普盛):160円
・お味噌汁:160円

IMG_7974_2005_PS19.jpg
↑メニュー表(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

■まとめ■
ホルモン焼きというと硬くていつまでも噛み切れないというイメージがありますが、この鹿角ホル
モンは普通の焼肉のように食べられました。
おそらく絶妙な大きさにカットされていることと、タレ漬の効果、なによりジンギスカン鍋を使った
蒸しながら焼く調理方法が効いているのだと思います。
臭みも全くないし、これ、マジで美味しいので、チャンスがありましたら是非食べてみてください。

5D4_5368_2005_PS19.jpg
↑セット完了!(EOS_M6+EF-M32mmF1.4_STM)

5D4_5382p_2005_PS19.jpg
↑焼けてきた、焼けてきた!(EOS_M6+EF-M32mmF1.4_STM)

5D4_5388_2005_PS19.jpg
↑うまい、ウマすぎる!(EOS_M6+EF-M32mmF1.4_STM)

IMG_7985_2005_PS19.jpg
↑店内はこんな感じ。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

【メモ】 2020年6月現在
ホルモン幸楽 花輪本店
住所:秋田県鹿角市花輪字堰向5
電話番号:0186-23-3736
営業時間:9:30~23:00
お休み:年中無休 12/31と1/1のみ休み
駐車場:店横無料多数
*メニュー・価格・サービス等は変更されている可能性がありますので、注文前にご自身でご確認願います。

ホルモン幸楽 花輪本店ホルモン / 鹿角花輪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント