スポンサーリンク

平塚駅北口のおまんじゅう - 蒼い海BLOG
FC2ブログ

平塚駅北口のおまんじゅう

1207Blue_5D4_5725.jpg
↑今回は10個入りと20個入りを買ってきました。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

久しぶりに地元平塚に帰ってきました。
食べたいもの、行きたいお店は色々あるけど、平塚市民のスイーツと言ったらこれ! 
香りにつられて吸い寄せられました。

つるや製菓 都まんじゅう (食べログ)

■平塚限定ではないんです■
「つるや製菓」は、1955年(昭和30年)から平塚駅北口ロータリーで、「都まんじゅう」という
小さなおまんじゅうのみを売る老舗です。
平塚市民はこのカステラ風生地の平べったいおまんじゅうの中に白あんが入った「都まん
じゅう」が大好きで、「平塚市みやげ」として自宅用おやつはもちろん、お持たせや贈答用
にと、大人気なんですヨ。

でも実はこの「都まんじゅう」はまんじゅうの自動製造機の名前で何基も製造されていて、
東京都八王子(つるや製菓)、静岡県沼津市(つるや製菓)、茅ケ崎市、箱根町湯本、
東京都アメ横など全国各地で売られており、平塚限定というものではないんです。(苦笑)

1207Blue_5D4_5726p.jpg
↑ニンマリする瞬間。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

■売り方がうまい■
そんなどこにでもある「都まんじゅう」を平塚市民が大好きなのは、その売り方が上手いん
だと思います。
お店があるのは平塚市一等地の平塚駅北口ロータリの一角。 バス利用のお客さんが多く
通る場所に立地していて、前を通ると良い香りがするんですよね。
香りに吸い寄せられると、ガラス張りになっている場所から都まんじゅう(製造機)が「カタン、
カタン」と自動でまんじゅうを製造する過程を見学することができるんです。

昔から平塚市の子供たちはコミカルな動きをする製造マシンにくぎ付け。
おまんじゅうの焼ける甘い香りに包まれながら都まんじゅうが製造されていくその様を見て
育った両親から生まれた子供たちは、すでにDNAレベルで刷り込まれているのでしょうね。(笑)

→蒼い海BLOG 刷り込み中。(笑)

■しかも安い■
「都まんじゅう」はその値段も魅力のひとつ。直径5sm×厚み2cmくらいの「都まんじゅう」が一個
38円(2021年4月現在)という安さ。10個買っても380円! 

お肉屋さんのような包み(表現が難しい)と箱入りのものがあります。 あらかじめまとめて包まれ
ていますが、一個からバラ売りもされてります。

・10個入り(通常包装):380円
・15個入り(通常包装):570円
・20個入り(通常包装):760円
・9個入り(箱):380円
・12個入り(箱):500円
・20個入り(箱):800円

→焼き印を合わせることも可能。すべてを「手をつなぎたくなる街湘南ひらつかロゴにしてもらったヨ

1207Blue_5D4_5740p.jpg
↑焼き立ては特にうんまい。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)

■まとめ■
どこにでもあるけど、平塚市民にとっては特別な存在の「都まんじゅう」 最近は平塚市の
様々な魅力を発信するシティプロモーションのロゴが焼印されたり、記念品として使用され
たりと、益々人気に! 一個づつでも買えますので、平塚にお越しの際は是非一度食べて
みてください。

→蒼い海BLOG つるや製菓 都まんじゅう

【メモ】 2021年4月
(株)つるや製菓
所在地:神奈川県平塚市紅谷町2-27 (平塚駅北口ロータリ)
TEL:0463-21-2258
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:なし
オープン:1955年(昭和30年)

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント