スポンサーリンク

うどんの田の角煮うどん@さぬき - 蒼い海BLOG
fc2ブログ

うどんの田の角煮うどん@さぬき

1207Blue_R6216631.jpg
↑また来ちゃった。( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

600店ほどもあると言われている香川県のうどん屋さん。
あまりチャンスがないのでできれば色々なお店で食べたいので再訪はほとんどないのですが、
このお店はすでに3回目。 でも、やっと、やっと、お目当てのうどんが食べられました。

うどん県で食べた「さぬきうどん」の記録 (PC閲覧推奨)

手打ちうどんの田 (讃岐うどん遍路)

■うどんの田とは?■
今回食べに行った「手打ちうどんの田」さんは、自宅の駐車場に屋根を設置したような田舎の
親戚の家のような佇まいの雰囲気の半セルフのお店です。
ここにしかないといわれている「角煮うどん」が有名で、これを求めてくるお客さんが多いそうです。
今回はやっと食べられました!

1207Blue_R6216612.jpg
↑ワクワクしちゃう。( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

■メニュー■
食べに行った時のメニュー(抜粋)は以下。(2021年7月現在)
このお店は壁に掲げられたメニューをみて注文、トッピングなどを自分で取り、最後に現金で清算を
する「 半セルフ 」のお店となります。 メニュー・価格・サービス等は変更されている可能性があり
ますので、注文前にご自身でご確認願います。

1207Blue_R6216613.jpg
↑壁に掲げられたメニュー( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

・( 期間限定 ) 温玉肉ぶっかけ : (小)550円 (大)650円 (特)750円
・( 期間限定 ) 温玉ぶっかけ : (小)300円 (大)390円 (特)470円
・ かけうどん : (小)230円 (大)320円 (特)410円
・ 肉ぶっかけうどん : (小)550円 (大)650円 (特)750円
・ 肉うどん : (小)500円 (大)600円 (特)700円
・ 角煮うどん : (小)390円 (大)450円 (特)540円
・ 角煮ぶっかけうどん : (小)410円 (大)500円 (特)590円
・ 湯だめうどん : (小)300円 (大)390円 (特)480円
・ カレーうどん : (小)400円 (大)500円 (特)600円

■食べたもの■
今回食べたのは期間限定の「 角煮ぶっかけうどん (小)」(410円)
3回目にして、やっと食べることができました。 ただ、あまりにも気持ちがハヤってしまい、
食べたいと思っていた温かい「 角煮うどん 」ではなく、冷たい「 角煮ぶっかけ 」をチョイスして
しまいました。 今思えば両方頼んで食べ比べればよかった。

間違えて頼んでしまった「 角煮ぶっかけうどん (小)」ですが、想像以上の美味しさ。 
前回食べた温玉肉うどんの肉が角煮になっただけだと思ったのですが、全然違った。 
満足度が別格でした。

1207Blue_R6216618p.jpg
↑角煮ぶっかけうどん (小)( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

■お店の場所■
お店があるのは「高松空港」から高松市へ向かう国道139号線(通称:空港通り)から一本入った
ところ。 高松駅と高松空港のほぼ中間、高松空港から8kmほどど離れたところにあります。

空港利用する際の道沿いなので、空港から移動するとき、空港へ向かうときに気軽に立ち寄れる
立地です。 駐車場は店前にありました。(無料)

香川県まとめ (PC閲覧推奨)

■まとめ■
やっと食べることができた、本場讃岐でここだけという「角煮うどん」
平日は10食限定とのこと。今回はオープン直前に行って、2番客だったので食べることができ
ましたが、開店から5分で売り切れとなっていました。
どうしても食べたい方は開店前に行かれることをおススメします。

1207Blue_R6216625.jpg
↑念願の角煮( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

【メモ】 
手打ちうどんの田 (でん)
住所 : 香川県高松市寺井町38-1
電話番号 : 087-889-2930
営業時間 : 10:00~14:00 (土曜日 +6:00~9:00)
お休み : 日曜日
駐車場 : 無料多数
スタイル : 半セルフ
創業 : 2003年3月
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*文中の価格は訪問当時のものです。 最新情報は現地で確認ください。



batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント