スポンサーリンク

たけや製パン直売店2023・冬 - 蒼い海BLOG
fc2ブログ

たけや製パン直売店2023・冬

_6229988_Instagram-2302.jpg
↑豪雪の中、4時間走り日の出前に到着!( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

備忘録です。2月の中旬、除雪のされていない奥入瀬渓流・十和田湖・樹海ラインを抜け
200km、4時間かけて
、秋田県のご当地製パン会社「たけや製パン」の直売店へ行ってきま
した。(朝3時に出発して7時のオープン前に到着) 

秋田県のご当地製パン会社「たけや製パン」の直売店へ行ってきました。

たけや製パン直売店」 (Takeya)

■たけや製パンとは?■
たけや製パン」は秋田県秋田市に本社・工場を置く創業1951年の老舗製パン会社で、秋田
県のご当地製パンとして秋田県民からは絶大な支持を受けているそうです。

_6229994_Instagram-2302.jpg
↑開店前から並んでる?!( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

代表商品として「コーヒー」「学生調理」「アベックトースト」「バナナボート」などがあるそうですが、
秋田県民以外の私には全く分からないです。(笑) スローガンは「おいしさ、咲かそ」

1968年から山崎製パンと業務提携していてヤマザキ製品の製造もおこなっているんですって。

「アベックトースト」ってこんなもの。8枚切りの食パンが4枚! 
あのヤマザキの「まるごとバナナ」はこの「バナナボート」を参考に作られました

■工場直売所がある■
そんな秋田県民のソウル製パン会社「たけや製パン」の工場直売所が秋田県秋田市川尻町の
本社・工場に併設されています。
ここでは、製造過程で発生した規格外品や型崩れ、B級品、賞味期限近い商品などが激安で
販売されているんですヨ。

_6220006_Instagram-2302.jpg
↑賞味期限の早いものや規格外品が並んでします。( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

アウトレット・工場直売所をまとめました (PC閲覧推奨)

■激安天国■
買いに行った当日は「 菓子パン6個 で410円(2年半前は388円だった)」「 バナナボート 100円
(2年半前は90円だった)」「 学生調理 128円(2年半前は113円だった)」「 食パン3斤 200円」
「 ランチパック 3個80円」などなど、目を疑うような破格値で売られていました。 

右をみても左をみてもお買い得な商品が並んでいる、まさに激安大国! 

_6220013_Instagram-2302.jpg
↑もちろん、バナナボートもたくさん置いてありますヨ。( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

■新商品が全品購入できる■
前回も驚きだったのですが、規格外品の販売以外に たけや製パン の当月発売新商品が全部
揃っていました。「新商品がみつからない」というお客さんの声にこたえる形で2020年9月から
始めた試みなんだとか。 規格外品を売る工場直売ですが製パン会社の顔的役割も担っているん
ですね。

_6220023_Instagram-2302.jpg
↑買えた、買えた!( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

■まとめ■
約2年半ぶりに行きましたが、工場直売所ってやっぱり楽しい!
絶対お得!激安商品や掘り出し物などが所狭しと並んでいてテンション上がりました。 秋田の
ソウルフードが激安で買える「 たけや製パン直売店 」秋田市へ行ったら是非お立ち寄りください。

_6220054_Instagram-2302.jpg
↑朝ごはんは「 学生調理 」 ( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

_6220061_Instagram-2302.jpg
↑それと規格外品のりんごデニッシュ( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

あっ、そうそう気合入れて開店前に行きましたが、すぐに商品が売り切れてしまうことはなかった
です。 雪の中、200km爆走することなかった。。。 苦笑

【メモ】 2023年2月現在
たけや製パン直売店
住所:秋田県秋田市川尻町大川反233-60
電話番号:018-864-3117
営業時間:7:00~14:00 (売り切れ次第終了)
お休み:未確認
駐車場:店前・横に無料有
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*文中の価格は訪問当時のものです。 最新情報は現地で確認ください。

たけや製パンパン / 羽後牛島駅泉外旭川駅秋田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント