スポンサーリンク

藤枝朝ラー 05@ 池田屋 - 蒼い海BLOG
fc2ブログ

藤枝朝ラー 05@ 池田屋

20231111-_62374772402.jpg
↑お店外観( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

単身赴任中の静岡県藤枝市の朝ラー文化を体感したい  5軒目は元祖のお店と人気を二分する
人気店のバラチャーシューを食べてきました。

〇 静岡県グルメまとめ 〇

中華そば池田屋  

■ 藤枝市のラーメン文化 ■
青森県や福島県会津市では朝からラーメンを食べる「 通称 : 朝ラー 」という文化が根付いて
います。「独特な文化だなぁ」と思っていたのですが、現在 単身赴任している静岡県藤枝市周
辺にも 朝ラー文化 がありました。

藤枝市および周辺ではお茶の栽培、製造が盛んで夜通しでの作業も多く、作業を終えた方々が
人気ラーメン屋さんにオープン前から行列していたことから早朝営業が始まったそうです。
現在は藤枝市を中心に20店舗ほどが朝ラーを行っているんですって。

藤枝朝ラーは、魚介系(カツオベース)のさっぱりした脂分の少ない甘めのしょうゆベースのラー
メンが定番で、あたたかいものと冷たいものを2杯食べるのがたしなみなんだそうです。

そのスタイルの元祖となった「 マルナカ 」のお店のある地域の名を取って、「志太系ラーメン」
(しだ)と呼ばれています。面白いですよね。

福島県青津地方の朝ラーは「 喜多方ラーメン 」
青森県の朝ラーは「煮干しラーメン」が主流

■ 中華そば池田屋とは? ■
「 中華そば池田屋 」は 藤枝朝ラーメン の発祥店「 マルナカ 」の提供する脂分の少ない魚介系の
甘い醤油ベースのラーメン「志太系」(しだ)を提供する朝7時から朝ラーが食べられるお店です。 

もともとは藤枝駅近くの藤枝郵便局にあったそうですが2022年4月に現在の場所へ移転されたそうで、
移転先のお店は黒くシックな内外装で清潔感があります。

20231111-_62374722402.jpg
↑7時から営業しています( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

■メニュー■
メニュー(抜粋)は以下。他の朝ラーのお店とちょっと違って、ギョーザやネギチャー丼などの
サイドメニューもあります。 チャーシューメンはモモとバラが選べるのが面白いです。注文は
店員さんへの口頭でした。

20231111-_62374712402.jpg
↑メニュー表 注文は口頭で EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

・ ラーメン : (並) 600円 (大)700円
・ 冷 : (並) 700円 (大)800円
・ チャーシューモモ : (並) 800円 (大) 900円
・ チャーシューバラ : (並) 900円 (大) 1,000円
・ チャーシューミックス : (並) 850円 (大) 950円
・ ギョーザ :450円
・ ねぎチャー丼 : 400円
・ ライス :(小)200円 (大)300円

■食べたもの■
チャーシューの種類が選べるのがおこのお店の特徴と聞いたので今回は「チャーシューバラ (並)」
( 900円」)と「冷 (並)」( 700円)」を注文。

20231111-_62374372402.jpg
↑チャーシューバラ (並)( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

藤枝朝ラー志太系ラーメン の人気店だけあって、王道の味! 鰹出汁スープが甘めで優しい。
「チャーシューバラ (並)」は、もともとはあっさりスープなのですが、バラ肉の脂が溶け出し、
良いアクセントとなって食べ応えがありました。

20231111-_62374462402.jpg
↑志太系では珍しいバラ肉チャーシュー( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

「冷 (並)」は涼し気なガラスの器で登場。 冷たいラーメンというと冷やし中華をイメージしがちですが、
ぜんぜん違う。 麺はよりプリプリ、ダシがシュッと香るスープが美味しすぎて完汁していしまいました。

どちらも美味しい。

20231111-_62374562402.jpg
↑こちらは「冷」(ひや)( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

■お店のある場所■
お店があるのは、静岡県藤枝市泉町というところ。 藤枝駅方面から大井川河口方面へ車で
5分ほど走った住宅地の中にあります。 駐車場はお店の敷地内に多数あります。

20231111-_62374662402.jpg
↑こちらの方が好みでした( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

■まとめ■
藤枝市および周辺で食べられる藤枝朝ラー文化、目覚めの一杯としてはボリューミーですが、
クセになりつつあります。 
常連さんらしき方々は「セットで!」「麺かためで」などと注文されていました。

良し私も次回は「ミックスで」って注文してみよう。

【メモ】 2023年11月現在
中華そば池田屋
住所: 静岡県藤枝市泉町43-12
電話番号: 054-635-4040
営業時間: 7:00~ 14:00頃
お休み: 月曜日
駐車場:無料多数
オープン:2022年4月(移転)
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*価格についても改定があるかもしれません行かれる前ご自身で最新情報を確認ください。
batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

中華そば 池田屋ラーメン / 藤枝駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント