スポンサーリンク

島田市の博物館へ行ってみた - 蒼い海BLOG
fc2ブログ

島田市の博物館へ行ってみた

20231216-_6239888-強化-NR2402
↑「島田大祭」(帯まつり)の「大奴」( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

静岡県島田市の大井川沿いにある博物館へ行ってきました。

島田市博物館  

■ 有料施設ですが見どころいっぱい ■
島田市は東海道23番目の宿場で大井川の川辺にあり、旅人向けの宿や茶屋、川を渡るための
川越しの商売で栄えた歴史があるそうです。

江戸時代、暴れ川だった大井川には軍事的要素から橋を架けることも渡舟も禁止されていたため
「 箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川 」とうたわれるように 東海道の最大の難所
だったそうです。 

20231216-_62398852402.jpg
↑川越し 風景( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

旅人が川を渡るにはお金を払い「 川越一足 (かわごしにんそく) 」という人手や神輿で川を渡る
しかなかったんですって。 

「 島田市博物館 」はそんな「 川越し 」の文化をメインに紹介した博物館で、川越し の紹介のほか、
島田独特の歴史( 島田髷 )やお祭り( 島田大祭の大奴 )などを観て学ぶことができます。

また、博物館から200m離れた場所には明治時代の日本家屋の中に民俗資料や芸能を展示した
分館があり、見学が可能です。

更に博物館の裏手には日本で唯一という当時の文化を保存した「 大井川川越遺跡 」( 国指定史跡
)があり、当時の川越しの風景を見ることができます。

20231216-_62399082402.jpg
↑ 大井川川越遺跡( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

■ 島田市博物館 のあるところ ■
「 島田市博物館 」があるのは、静岡県島田市河原というところ。 読んで字のごとく、大井川の川辺に
立地しています。 駐車場は敷地内に無料多数あります。

■まとめ■
本館は1階が常時展示、2階が特別展示室となっているものの規模が小さく、有料施設だということを
考えると少々残念感がありますが、本館裏手の「大井川川越遺跡」「分館」も合わせて見ることで払拭
されると思います。 川越しの映像は絶対見ないとだめですヨ。

そうそう、JAF会員証提示で入館料割引となるサービスも行っていますので、会員の方はお忘れなく。

【メ モ】
島田市博物館
住所: 静岡県島田市河原1-5-50
電話番号 : 0547-37-1000 
開館時間 : 9:00~17:00
休館日 : 月曜日・臨時休館あり
入館料 : 300円 ( JAF会員240円 )
駐車場 : 無料多数
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*価格についても改定があるかもしれません行かれる前ご自身で最新情報を確認ください。
batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント