スポンサーリンク

ダイヤモンド富士2024年・春@河内黄砂 - 蒼い海BLOG
fc2ブログ

ダイヤモンド富士2024年・春@河内黄砂

20240330-_6238059-強化-NR24031
↑場所はバッチリでしたが。。。( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

地元神奈川県平塚市で春と秋の年に2度見られる感動の 自然現象「 ダイヤモンド富士 」を
「 河内の田んぼのあぜ道 」で見てきました。

ダイヤモンド富士 (国土交通省関東地方整備局HP)

■ ダイヤモンド富士 とは? ■
富士山頂 に夕日が沈む瞬間(または太陽が昇る)にまるでダイヤモンドのように輝く自然現象を
「 ダイヤモンド富士 」と言い、富士山が東か西の南北35度以内の方向に見える場所であれば
春と秋年に2度見ることのできます。

毎年同じ時期、同じ場所で観られるので、特別な装備や知識がなくても比較的簡単に楽しめる
自然現象なのですが、当日の天候や雲行きに大きく左右されるため、絶好の条件で観られる
のは期間中に数回しかありません。 

私のようなサラリーマンの場合は週末しかチャレンジできないので、さらに難易度が上がって
きます。

■みられる場所と時間帯■
春シーズンの鑑賞ポイントは 大山 (内陸)側から 平塚海岸 に向かって日に500mくらいズレて
いきます。 2024年春のバージョンの観測日と観測ポイント予想を載せておくので参考にして
ください。 あくまでも予想ですので、詳細についてはご自身でお確かめくださいね。
おススメ鑑賞ポイントと見られる時期の予想はこんな感じです。 

<2024年時の 平塚市のダイヤモンド富士鑑賞目安 >
ちょんまげ茶屋 近く< 平塚市 小鍋島 > 3月21日 17:33位 
鈴川大畑橋 付近<平塚市 岡崎> 3月24日~3月25日 17:33位 2018年5月
慈眼寺 < 平塚市 豊田打間木 > 3月26日 17:37位 
デイリーヤマザキ平塚北豊田店 < 平塚市 北豊田 > 3月26日~3月27日 17:37位  2017年11月
岡崎東道路橋 < 平塚市 北豊田 > 3月26日 17:36位  2014年12月
小田原厚木道路平塚PA 付近< 平塚市 岡崎 > 3月27日 17:37位  2018年8月
金旭中学校 付近< 平塚市 平川 > 3月29日 17:37位 
東雲橋 < 平塚市 上平塚 > 3月31日~4月1日 17:41位 
湘南銀河大橋 < 平塚市 四之宮 >  3月28日 17:40位 2015年3月
ららぽーと湘南平塚 < 平塚市 天沼 >  4月1日 17:42位 2016年10月
七国峠 ・ 遠藤原 < 平塚市 土屋 > 4月4日~4月5日 17:40位 
湘南大橋 東岸 < 平塚市 須賀 > 4月5日~6日 17:46位 2018年4月
ビーチパーク 前歩道橋< 平塚市 高浜台 > 4月6日 17:46位  2014年12月
平塚新港 西側< 平塚市 千石河岸 > 4月6日17:45位 2015年5月
平塚新港 東側< 平塚市 千石河岸 > 4月6日17:45位 2014年12月
湘南平 高麗山レストハウス展望台 < 平塚市 万田 > 4月6日 17:45位 高麗山レストハウス過去絶景

■ 河内の田んぼのあぜ道で観てみました ■
本日(3/30)は平塚市の西部にある「 河内の田んぼのあぜ道 」近くの富士見スポットへ行って
みました。( マックスバリュ 平塚河内店 と 平塚市立金旭中学校 の間)
ポイント的にはベストだったのですが、黄砂なのか(?)太陽が霞がかかったようになってしまって、
ダイヤモンド富士にはなりませんでした。あぁ、残念。。。

20240330-_6238062-強化-NR24031
↑ダイヤモンド富士は日が沈んでもキレイです。( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

前回は 鈴川大畑橋 付近 で観たのですが少し外れた 2024年3月22日

■まとめ■
今年一回目の平塚市内で観られる ダイヤモンド富士 は半ばを過ぎたあたり。あと1週間、
平塚市内の富士見スポットで楽しむことができます。 17:30くらいに富士山が観られる
ポイントに居たら是非ご覧になってみてください。

平塚で観られるダイヤモンド富士 春バージョン  

【メモ】 2024年3月現在
ダイヤモンド富士  
見頃:2024年3月30日 17:40頃
場所: 河内の田んぼ
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*価格についても改定があるかもしれません行かれる前ご自身で最新情報を確認ください。

batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント